レオナルド・ダ・ヴィンチの食事観や食生活にも影響を与えたのではないかというプラーティナ著「De honesta voluptate et valetudine」。1487年にラテン語から民衆が読めるイタリア語に翻訳されヴェネチアで出版されたこの本は、食材・料理法・食事の仕方・適切な運動やダイエットまで幅広い内容が展開され(全10章)、最後にワイン論で締めくくられています。そのワインの項は魅力的な書き出しで始まります。「ワインのない夕食にしても、昼食にしても、そういう食事は楽しくないばかりか健康に良くない」。(参考:西村暢夫「イタリア食文化の起源と流れ」)
ルネッサンスの時代には多くの都市国家がイタリア半島に発展し、この頃からすでに各地域で郷土料理と地産のワインが食卓にのぼり人々に楽しまれていたことが分かります。レオナルド・ダ・ヴィンチはどんなワインを飲んでいたのでしょうね。

前置きが長くなりましたが、LILIVが取り扱うワインは私たちと同じように小規模な生産者が作り出すワインが中心です。畑仕事にしてもワイン造りにしてもまさに手仕事の積み重ねであり、その年に出来上がるワインの生産本数は数万本という作り手がほとんどです。その中の数百本を日本向けに分けてもらっています。そるゆえ極端に安価なワインにはなりようがありません。
しかし、なるべくリーズナブルに素晴らしいワインをお届けするのも私たちの重要な任務です。物流や保管状態には細心の注意を払いますが、プロモーションコストは極力かけず、最短距離・最小の手数で商品が皆様の手元に届くよう、食材流通との効率性も考慮しながら様々な改善を続けています。

Valfaccneda (ピエモンテ州)
Eraldo Viberti (ピエモンテ州)
Bricco Mondalino (ピエモンテ州)
Matteo Ravera Chion & Chiussuma (ピエモンテ州)
Pusole (サルデーニャ州)
Draga (フリウリ ヴェネチア ジュリア州)

取り扱いワイン参考上代


vino.jpg

準備中

IMGP0562.JPG

エラルド・ヴィベルティはランゲ地方のバローロの名醸造地として有名なラ・モッラ村のワイナリーです、自ら毎日畑に出て、ぶどう栽培から醸造までワイン造りのほぼすべての工程を手仕事で行っている氏の素晴らしいワインをご賞味下さい。

10523154_10204030904354591_336127814_n.jpg

ブリッコモンダリーノは300年以上の歴史を誇るモンフェラートのワイン醸造家です。ワイナリーは標高984フィートに位置しており、古くから秀逸なバルベーラとグリニョリーノの作り手として知られています。

IMGP0026.JPG

ヴァルファッチェンダは2010年にルカ・ファチェンダによって造られました。アルネイス種とネッビオーロ種から生まれるロエロDOCGという素晴らしいワインを皆様にお届けすることを最大の目標にするワイナリーです。

DSCF3489.JPG


写真 2019-11-16 19 58 01.jpg