personal2.png

POGGIO S. GIORGIO

IGP.jpg

ポッジョ サン ジョルジョ

1975年、ダニエーレ・ペルティコーニとアレサンドロ・ペルティコーニによって設立されたウンブリア州・ノルチャ、標高980mのアルジャーノ高原に位置する生ハムメーカーです。豚本来の自然の生育過程にこだわり、バランスの取れた食事をあたえ、不自然な増殖や成長の促進は行いません。アルジャーノ高原特有の生ハム造りに適した空気と気候を活かしつつ、温度や湿度を徹底して管理する最新の設備も兼ね備えています。また、最も重要である塩漬けやスーニャを塗る工程は、伝統に従って全て手作業で行っています。IGP認定を受けており、指定地域かつ海抜500m以上に位置していること、8.5㎏以上の重さがあること、12か月以上熟成させること、以上の条件をすべて満たしています。現在ノルチャの町にある9つの生ハム工場のうち、唯一日本への輸出認定を受けている工場です。

…ノルチャの町は、ネーロ川やアペニン山脈の山々に囲まれた自然あふれるエリア、ヴァルネリーナ渓谷の一端にあります。その生ハムは世界的にも有名で、脂肪が少なく、赤身肉特有の力強い味わいが特徴です。ノルチャ一帯では紀元前から生ハム造りが盛んで、豚肉を扱う技術に長けたノルチャの人々はローマやトスカーナなど、イタリア全土に広がっていきました。豚肉を主として取り扱う精肉店のことを『ノルチネリア』と呼ぶのはその名残りと言われています。

PROSCIUTTO DI NORCIA IGP:
重量規格:8.5~10.5㎏/1本 熟成期間:12か月以上 
原材料:豚肉、海塩、ワイン、にんにく、胡椒、唐辛子(保存料、着色料不使用)